田舎暮らし

今田舎暮らしをしています。

場所は温泉がそこそこ存在するところです。

田舎のいいところ、悪いところ、どちらもある中で

それでも田舎暮らしが好きなのです。

ここに私はもう4年住んでいるのですが、メリットと

デメリットをまとめてみました。

メリット

〇人が少ない。

だから、人ごみに巻き込まれない。

〇空気・水がきれい。

飲める水がそこら中にあふれています。

空も住んでいて、夜になると星空も見られます。

〇時間の流れがゆっくりと感じる。

都会のせせこましいことも忘れられます。

 

デメリット

〇物価が高い

都会と比べたら安くはあるのですが、収入に比べると

相対的に高く感じます。

特に、家賃は高いです。都会と比べると差はありません。

〇自動車が必要

田舎暮らしはバスなどの公共交通機関は早い時間帯に

終わってしまいますので、自動車せめて原チャリは必要

となってきます。

〇臭い

田舎でも海辺と農作地では違いますが、近所が畑だと

たい肥のにおいがきついです。私はいまだになれません。

そして、頻繁に換気もできず困っています。

〇娯楽が少ない

回りに自然が多いのでアウトドア好きにはたまりませんが、

引きこもりのインドア派には少々住みにくく思います。

娯楽といえばパチンコ屋しかないです。

田舎の高校生にとってはイオンやtsutayaへ行く時はおめかしを

していくようです。

地方と都会の格差は娯楽の格差が一番激しいのではと思います。

そう考えると悲しくなります。

 

 

デメリットでいろいろ言いましたが、なんだかんだで

ここの暮らしは悪くないと思っています。

 

都会の騒々しさにうんざりしたら、田舎へ引っ越すのも

一つの手かなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です