リング 「雫」

ジャパニーズホラーのパイオニア的存在の「リング」

井戸があったペンションなどを舞台に女子高生たちが

貞子の呪いに震えつつ、なぞ解きをするホラーミステリー?

な映画だった気がする。

ずいぶん前に2回くらい見たきり、そこまで思い入れはなかった

のだが、パチンコ「リング」で出てくる大当たり中に流れる

荒牧陽子が歌う「雫」という曲がものすごく切ないので、

今更ではあるが、最近ほぼ毎日聞いています。

ネットで探せばいくらでも出てきますので、聞いてもらえれば、

貞子が暴行ののち井戸に落ちた状況や貞子の思いが綴られた、

切なくてホラー映画だということを忘れられる名曲だと思う。

惜しむらくは、この曲、CDやダウンロードコンテンツ等の販売

を行っていないということ。

理由は定かではないが、少なくともアルバムになったら個人的には

買うと思う。

それくらいいい曲なんですよ。

サビと次のメロにつながるところが切なさが最高潮に達する。

まあ確かにパチンコの曲に過ぎないといえばそれまでではあるが、

やっぱりいいものはみんな買うからどうかCD販売してほしいと思います。

この曲のおかげで貞子に対する怖さは切なさに変わった。

 

 

人並みの明日を求めたけれど 震える声は奪われて・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です