好きなことをしながら飯を食う

私の好きなこと、おなn・・・思い浮かばな・・・いことはありませんでした。

ちゃんとありました。麻雀はへたくそながら大好きです。

 

高校生の時に、今は亡き東風荘でゲームの流れとルールを覚えました。

大学のころに実際の牌でうって、たまたまルールをしっていたから、

カモられずにすんだ思い出があります。

メンツによってなしなし、ありありといろんなルールでやってきて、ルール毎

でそれぞれの楽しさを発見できました。

私はあんまり鳴きをしないすたいるなのですが、ルールはありありがすきです。

ありありでほかのメンツが役牌や喰いタン狙いをしている中、私は役牌鳴かず、

喰いタンもめったに狙わずで、その中で高い手を作るのが楽しい。みんな

と違うことをして勝ちたいなぁと思っていました。

 

・・・そんな楽しいことをして飯を食えたらなぁとだれでも少なからず1回は

思っていることと思います。

でも、これを仕事として、この道のプロとしてこれで飯を食うとなったら、

本来純粋に楽しいと思っていた感情が、「勝たなければ・・・」

といった感情におしつぶされてしまい本来好きなことが逆に重荷になってし

まうのではと思います。

 

なので私は好きなことをしながら飯を食うことにした次第でございます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です