オーラルケア(口腔衛生)について申し述べたきこと

ネットでかじった情報ではありますが、日本人の体臭は他の外国と比べ、あまり感じられないとのことですが、こと口臭に関しては日本人はとても臭い部類にはいるとのことです。

これは日本人が、口内のケアに時間とお金をかけたくないためだといわれています。また、歯ブラシによるブラッシングはほとんどの方が行っているところでありますが、その他のケア(歯間ブラシ、マウスウォッシュ等)については日本人はそこまで普及していないみたいです。

口臭についてですが、単純に歯を磨いて表面の歯垢を落としても、効果が薄いみたいです。私の周りの人もちゃんと歯を磨いていますが、息が臭い人は結構います。これは、歯間の歯垢と舌の表面の白いやつ(舌垢(せったい))の除去をしっかり行っていないからみたいです。

 

実際私は、歯磨きのほかに、歯間ブラシと、舌ブラシを行っています。

歯間ブラシは毎日はしていませんが、たまにやると歯間からとれる歯垢は結構臭いです。自分で結構臭いと感じますので、他人からすればかなり臭い代物なんですってば。

舌ブラシは朝と昼に行っていますが、これはやりすぎると逆に舌の表面の組織を傷つけ、逆に味覚が鈍感になるとのことで、頻繁にはできないみたいです。頻度はどれくらいが適切なのかを現在調べています。

個人的な意見を言わせてもらえば、オーラルケアに限らず、何に力を入れるべきかを考え、実行するのは結局のところ本人の意思次第です。

習慣をいきなり変えることは難しいので、最初はまず夜に歯磨きに歯間ブラシを加えてみようとか、ほんの少しずつだけ続けて徐々に習慣づけてみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です